プロフィール

リスト

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さようなら

  • Post on 2010.10.22 07:00
  • Categry : 未分類
  • Trackback(0)
  • Comment(4)
「しまった、お弁当持って来ちゃった・・・・」


お焼香を済ませると、精進料理が所狭しと並ぶ別室に通された。

仕事の合間をぬって駆けつけたので、

すぐにおいとまする気持ちでいたのだ。


旦那の関係者のお葬式。

見知らぬ人々の中、肩をすぼめて席に付く。


93歳。大往生である。

和やかな空気が、場内を包む。




「かわいいわねぇ~、食べちゃいたいくらい」



隣の席にいた、数人のご婦人方が携帯電話の写真を見て盛り上がっている。

生まれたばかりの赤ちゃんの可愛らしい画像のようだ。

どれどれと携帯は手から手を巡る。




すべてを終えて去っていくもの、

すべてがこれから始まるもの。


こうして眺めている私。


不思議な思いに包まれた。



お父様の御遺影は、さっぱりとしたお顔で微笑んでいた。



お疲れ様でした。


お元気で。


スポンサーサイト

< Prev | ホーム |  Next >

Comment

にゃきーん\(0\0)ゝ
大往生の方の葬儀は、なんとも言えずいい空気が流れていますねぇ。。。
ただこれが若すぎて逝った方や、事故でだと とんでもなく重い空気ですよねぇ、、、
逝くもの生まれ来るもの、、、今の日本 生まれ来るものを大切にしないと、、、
2010.10.22 11:11  URL ラッキー #- [EDIT]
確かにそうですね。
日本の未来が、託されているんですものね。
逝かれる方々の静かなメッセージも聞こえてくるような気がしますよね。

コメントありがとうございました。
2010.10.22 12:12  URL aaconee #- [EDIT]
93歳、大往生ですね。

> すべてを終えて去っていくもの、
> すべてがこれから始まるもの。

その場に居たわけではないけど、私も何だか不思議な
感覚に包まれました。

私もずっと前に始まって、どれくらい先かは分からないけど
いつかはこの生を終えて去っていくんですよね。

人はある程度の年齢になると”死ぬ準備”を始めなくてはならない、
というようなことを読んだことがあります。
死ぬ準備が出来ていないから、年を取ってジタバタするんだと。
準備を始めてからが、これまた長いんだと。
ある意味、その準備のために人生があるといってもいいくらいだと。

私はちゃんとできるのかな?
できれば、「ありがとう。楽しかった。」と笑って終えたいですね。

2010.10.22 12:48  URL aoakaki #WO.8kER. [EDIT]
「ありがとう。楽しかった。」と笑って終えたいというの同感です。

「死ぬ準備」は同時に「いかに生きるか」を鮮明にしてくれますよね。
この年になると、周りの親しい人々が旅立つ場面に遭遇します。
そのたびに「いかに生きるか」を考えさせられ、多くのヒントをいただきます。

今わかっていることは、今を大切にすることですよね。
ありのままに生きるとか。人を愛するとか。
aoさんの生き方そのものですよ。
「我がままに生きる」ってすごく素敵なことです。
私の「我がまま」を探求中です。
ブログで生活をみつめることからも、そのいいヒントをいただいてるような気がします。
2010.10.22 15:25  URL aaconee #- [EDIT]

Comment form

  • URL
  • Comment
  • Password
  • 公開設定
  •  管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:http://greengreen77.blog70.fc2.com/tb.php/257-951ef59f

△ Move to top of this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。