プロフィール

リスト

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

80年の道のり

  • Post on 2010.12.10 07:00
  • Categry : 未分類
  • Trackback(0)
  • Comment(12)
「aacoさん、ちょっと読んでみてくれない? おかしな所は直してね。」


この辺のちょっとしたコミュミケーション誌に、姑の記事が掲載されることになった。

毎回80歳になった方が、順番で自分の人生の道のりを語るシリーズ。

今回は、丁度、姑が年頭を飾ることになったらしい。


ちょっと、めでたい気がしますよね。


便箋に書かれた内容を読むと、よく色々覚えているな~。

私が80歳になってこんな風に原稿依頼をされたら、

一体何を書けるのか、今から心配になってしまう。


姑が嫁いできた日の記述が印象深い。


「嫁ぎ先に着くと、藁草履に履き換え、その鼻緒を切って、

屋根高くほうり投げる。」とある。


もう、実家には戻らない、永遠にその家の人になる事を意味している。

その儀式のなごりは、今は見る影もない。

やりなおしたっていい・・・、時代は、すっかり変わったのだ。


耕運機を初めて購入して、家族みんなで、ドライブに出かけた、

という話もなかなかいいじゃない。




「皆とちょっと変わった話を載せようと思って・・・。 意味、わかるかね。」


最後の便箋には、笑い話が書かれていた。




子供の頃、おやつのお菓子を買いに小銭を握りしめてお店に行った。


「かし売りお断り」


と、戸口に書かれている。

お菓子は売ってくれないのか、と子供心にがっかりして

家に帰って親に告げると、それは「貸し売り」のことだった、と言う話。


当時は、「ツケ」で買い物をしていた。

お金を払わず、買ったものを店で記帳してくる。

盆暮れ勘定で、日頃の買い物は、現金を使う事がほとんどなかったのだ。


昔の暮らしぶりがそこここにあふれる内容で、

私は興味深く、楽しく読ませていただいた。


姑は、ずいぶん時間をかけて、苦労してまとめた、とぼやいていたが、

過去の思い出に浸ったその顔は、柔和で満足げだった。



楽しい時を過ごしたに違いない。


スポンサーサイト

< Prev | ホーム |  Next >

Comment

こんにちは^^

お嫁入りの時の儀式って
今では ほとんど ないですよね
けど その儀式って 嫁ぐって事を改めて 
自覚するっていうか 自分に言い聞かせるっていうか
とっても 意味のある事ですね

姑さんの記事の下書き
自分の知らない時代や お姑さんの人生を
少し知る事が出来て
aacoさんも 楽しい時間を過ごせたのでは?^^
2010.12.10 11:05  URL kotone #- [EDIT]
いつもコメントありがとうございます。

そうですね。興味深く、読ませてもらいました。
姑の人生は、戦争もからんで私たちの世代とは全く状況が
違い、生きることに真剣だったんだなぁという印象です。
大変な時代だったでしょうが、それだけ感慨も深い。
思い出も色濃く残りますよね。

2010.12.10 18:27  URL aaconee #- [EDIT]
かし売りの話、面白かったです!
ツケで売り買いしてたんですかー
買い手と売り手にしっかりした関係が
ないと出来ない売買形式ですねー
昔のことだから、商店の人もお客の
顔を全部覚えていたんだろうな~
盆暮れ勘定って所も時代を感じます。
お姑さんの記事読んでみたいな~

aacoさんが80になって記事を依頼された時は
このブログの記事のいいところ見繕って
プリントアウトすれば良いのではないでしょうか(笑)
それまで頑張って続けてください!
2010.12.10 19:14  URL Hana #- [EDIT]
こんばんは。
深い作品になりましたね。
校正はどうなりましたか。
直さないわけいかないし
出来栄え満足している
腰折るわけいかないし。
私は出版した後の本の間違い
平気で指摘してました。
得意先のドクターの出版本です。
紙一重の綱渡りでしたね(笑)。
2010.12.10 19:47  URL あかちん #- [EDIT]
さすが、若旦那!その辺の状況判断、するどいですねぇ。
たぶん昔の事ですから、長いお付き合いのお客様ばかりの
取引ですよ。
実は、これ言うと昔人(むかしびと)バレバレだけど、
小さい頃は、ツケで買い物してました。
通い帳?見たいのがあって、そこに記入してくるの。
子供だけで、近所のお店で、飴を「ツケ」で買ってきて
親にすごく怒られたことを覚えています。
「子供はやっちゃいけないのか」と思ったね。

確かに、ブログという手が在りましたけど、
これまでのウン十年の生きざまが自信がない!!

生きてればやってると思いますよ。
ああ、2110年まで生きなくちゃな・・・。
2010.12.10 21:18  URL aaconee #- [EDIT]
きゃ~、あかちんさん、チビシィですね。
でも、公開するものは、特に医療なら、
ちゃんとした情報でないとまずいですもんね。


そんなにあらたまったものではないので、
旧かなづかいを直したくらいで、ほとんど手を入れませんでした。
あとは、担当の方にお任せです。うまくやってくださるでしょう。

私のブログは、お手柔らかにお願いします。
勝手に書き散らかしてますので、おかしな事UPしてるかもしれません。

ご指摘はありがたくお伺いいたしますので、
お気づきの点はお伝えくださいね。
2010.12.10 21:30  URL aaconee #- [EDIT]
こんばんは(^^)

おばあちゃんネタになると、妙に懐かしく、自分のおばあちゃんのことを
思い出します。

昔の人の話は面白いですよね・・・というか、その時は「へぇ~」くらい
でしか聞いてなかったことでも、意外なところで「あ、それ知ってる!」
ってなったりして。

大人になってから、核家族で育った人と話していると、あまりに
昔のことを知らないのに驚くことがあります。

「もう実家には戻らない、永遠にその家の人になる事を意味している」
って、耳が痛いなぁ~!
正直言って、嫌だったら実家にいつでも帰っちゃおうくらいの気持ちで
嫁いできたので、あいたたたた・・・聞こえな~い!

しかし、結婚する前に姑に言われましたね。
「いい加減な気持ちなら結婚してほしくない。
 また離婚するようなことになったら、子供達が可哀想すぎる」って。

別に離婚するつもりはないけど、いざとなったらやり直せばいい、
くらいの逃げ道を用意しておかないと、逆にやっていけないような気がするな。
いざとなったらやり直せばいいんだから、もう少し頑張ってみるかなって。

それにしても、おもしろいですね、ぼんちゃんのときはUSBで、
おばあちゃんは便箋なんですね。
こんなところにも時代を感じちゃいます。

私もおばあちゃんの原稿、読んでみたいなぁ~♪




2010.12.10 22:13  URL aoakaki #WO.8kER. [EDIT]
こんばんわ。

嫁ぎ先に着くと、藁草履に履き換え、その鼻緒を切って、
屋根高くほうり投げる。
⇒この話、何かいいなぁと思いました。
 私も、介護施設に勤務していますが、こういう話は
 聞いたことはありませんでした。

耕運機を初めて購入して、家族みんなで、ドライブに出かけた
⇒この文章にも、個人的に食いつきました。
 私の近所に、畑仕事に出かけるときに耕運機で
 移動されている方がいるからです。
 たまに見かけたりすると、頑張ってるなぁと勝手に
 思ったりもするんですよ(^_^;)

ステキな回想を拝見させていただきました。
2010.12.11 00:28  URL GG3S B #- [EDIT]
こんばんは、aaconeeさん

感慨深いものがありますね。
お年寄りのお話って今になって思うけど、
強い意志というか本物の気持ちがあるような気がします。

aacoさん、
hanaさんも仰ってるようにこのブログに半生が綴られてるじゃないですか。
毎日楽しい記事でいっぱいですよ!
デジタル表示されてちょっと無機質な感じは否めませんが、
これも時代ですね。。。

お姑さんの満足気な顔を想像して、
ほんわかあたたかい気持ちになれました・・・^^
2010.12.11 01:15  URL oogie #- [EDIT]
おはようございます。

鼻緒の話し、そうだよね。
たしかに努力して乗り越えた先に待っているものもあるし、
簡単にほうりだせるものでもない。
様々な経験が人を育てるわけだものね。

でも、そういう選択もある。そこでまた、新しい課題があるわけだから
人間は、どういう風にしても学ぶようにできてるよね。
aoさんの大切なお話を読ませていただいて、ありがとう。

「生きがいの創造」を私も読みました。
好きなんだ、ああいうの。前向きに生きられるでしょう。
本当かどうかよりも、今どう生きるかを考えれば、私は信じますね。

USBの指摘、ホントだ!!
面白い時代的比較!
2010.12.11 09:12  URL aaconee #- [EDIT]
おはようございます。

そうですよね。私も「こりゃ、いいネタ」とニマニマしました。

耕運機のところ、拾っていただけましたか。うれしいなぁ
自家用車の珍しい時代、新車のトラクターで誇らしげに
5人で出かけてる姿いいなぁ~と。皆、揺れながらね。
スピードも出ないしね。チンタラ道中って感じでね。目に浮かぶよね。
GGさんの周りの風景、ウチと似てるますよね。
なんか親近感覚えます。
2010.12.11 09:20  URL aaconee #- [EDIT]
おはようございます。

先日は、嬉しいコメントをありがとうございました。
単純なので、そのまんま喜んでます。ホホホホ・・・。

名前の謎も解けまして、すっきりしましたが、
それを是非いつか観たいですね。

本当に、お年寄りの話は、含蓄深い。
しっかり生きてきた人だから、厳しいけど、説得力がありますよ。
しっかり生きなくちゃな・・・いきなり反省モードに突入・・・。

で、80歳になったら、書くの?
「あの頃、会社にいると、人影がいつも付きまとって、それが鏡だったんです。
ヒーヒッヒッヒッ」って?
だめだよ、使えない。
2010.12.11 09:31  URL aaconee #- [EDIT]

Comment form

  • URL
  • Comment
  • Password
  • 公開設定
  •  管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:http://greengreen77.blog70.fc2.com/tb.php/316-a19071b2

△ Move to top of this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。