プロフィール

リスト

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おじさんの法要

  • Post on 2010.12.13 07:00
  • Categry : 未分類
  • Trackback(0)
  • Comment(8)
「バン、バン、バン」

野太い声。そして、指パッチンも一緒に、三角形を描くように・・・

「パチッ、パチッ、パチッ」



「はい、こちらの黒い方に移られました。」



が ・・・である。


へぇ?! そうなんだ。

白木のお位牌から、黒い漆塗りのお位牌におじさんの魂は、移行したらしい。

ごめんなさい、ちょっと笑ってしまった。


おじさんの四十九日の法要だった。


亡くなってから7日ごとに閻魔大王による裁きが行われ、

ついに最終、7回目の裁きで極楽浄土にいけるかどうかの判定が下る。

この日、故人が成仏できるよう、遺族が皆で祈るのだ。

私達は長い一本調子の御経を、意味もわからないまま読み続けた。


おじさんは、見事に閻魔大王の面接に合格し、

三途の川を渡り、彼岸に達したらしい。

目には見えないが、あちらの岸で、

にこやかに手を振っているような気もする。


納骨後の食事の席では、お坊さんの近くで、お話を伺う事が出来た。

おじさんは、これから回忌ごとに様々な神様達の面接を受け、

33回の面接に合格した暁には、霊位が上がるそうである。

法要はその面接のたび行われ、遺族がお祈りして応援するという意味らしい。

なるほど。そういうことだったのか。


遺族は、姿を失った故人の修行をずっとサポートし続けるわけだ。

故人の応援ができるこのシステムに、

残された人々は、救われるような気がする。


お葬式でお会いしたおじさんのご身内の方々とも

再会を果たしたこの日、ますます打ち解け、絆は深まるばかり。

私達は旧知の友人と語らうように楽しいひと時を過ごした。

この方たちと、おじさんを見守り続けることを嬉しく思う。

おじさんが取り持ってくれたご縁に感謝である。


食事が始まった途端、お坊さんはスクっと立ちあがり、

祭壇の黒いお位牌の前に、グラスを置いて、お酒をなみなみと注いだ。


ああ、そうだよ・・・。


私達はとてもありがたい気持ちになって、

その後ろ姿をずっとみつめていたんです。

スポンサーサイト

< Prev | ホーム |  Next >

Comment

人って 色んな所で 出会って 繋がりを持って 
支え合って生きてるんだなぁ
この出会いは 亡くなられた方からの プレゼントかもしれませんね

良く気のきく御坊さんですね
何度か このような席にも 出向きましたが
そんな事をして下さる方 見た事ないですよ
2010.12.13 11:13  URL kotone #- [EDIT]
そうなんですか。
私よく知らなかったんですが、いいお坊さんなんですね。
ありがたいです。高校の先生をされている方ですが、
自分流のやり方を持ってる方で、質問にも熱心に答えてくださって
とても嬉しく思いました。

こういうことって、今までわずらわしいとしか思わなかったんですが、
この年齢のせいか、全く違う環境のかたがたとも
共感できることが多くて、楽しく、興味深く、面白く過ごせて幸せでした。
皆笑顔でお別れをして、おじさんをめぐる縁の不思議を感じました。
確かにプレゼントですね。
コメントありがとうございました。
2010.12.13 12:46  URL aaconee #- [EDIT]
こんばんは(^^)

法事とかって、何かと面倒くさいと思いがちだけど、こういう機会でもないと
なかなか親戚一同が集まることなんてないよね。

正直言って、私も面倒くさいけど、集まってしまえば久しぶりに会う
おじさん、おばさん、いとこ達とは話していてとても楽しい。

それにしても、亡くなった後も回忌ごとに様々な神様達の面接を受けて、
修行をしてるなんて、知らなかった!

この世に生きてる私達は、その方たちのサポーターってことだよね?

そして、亡くなった方たちも、たぶん、この世に生きてる私たち遺族を
応援してくれてる。(←と、勝手に決めてるけど)
つまり、亡くなったじいちゃん、ばあちゃんは私たちのサポーター。

お互いがお互いのサポーターとして応援し合ってるってことかな?

こんなこと考える私って、ヘンかな?
ヘンだよね・・・。
わぁ~、またヘンなコメントになちゃったよ~、ごめんなさい(>_<)

2010.12.13 20:17  URL aoakaki #WO.8kER. [EDIT]
いいお話ですね。

たしかに、結婚式とか、法要とか、そういうことでもない限り、
親戚が集まることはなくなりましたもんね。

親戚が集まって、亡くなった方を偲ぶ。応援する。
そう思うと、親戚づきあいの面倒くささも、薄れてきます。

自分の法要のときも、たくさん人が集まってくれたら、賑やかしく
してくれたら、嬉しいな。
2010.12.13 22:15  URL バウワウ #- [EDIT]
投げキッスを投げまくるaacoさんが小心者であるわけがないじゃん!(笑
っと、茶化そうと思ってたら。。。
きょうはなかなか神妙なお話ですね。
背筋を伸ばして読み入ってしまいました。

こんばんは、oogieです。

法事とはこんな意味合いがあって行われていたんですね。
三回忌くらいを過ぎれば、もういいだろう?
なんて思うこと事態、罰当たりもんですね、そんなん思ってました。。。

ブログと一緒にすることではないですが、
こうして私も楽しくブログを続けていけるのも、
コメントをくださるみなさまの応援があってこそです。
やはりサポートは大切です!
法事に参加する際は、このことを肝に銘じて応援しようと思います。
2010.12.13 22:43  URL oogie #- [EDIT]
aoさん、無茶苦茶いいこと言うじゃん。
そうだよ、そうだよ。絶対そうだよ。つながってるんだよ。皆。
思うんだけど、この説明は人々にわかりやすいように
宗教的なたとえ話になっているから、
閻魔大王とか出てきて、なんとなく笑えちゃうんだけど、
もっと、本質的な事実というのがあるんだと思うの。
宇宙の法則みたいな。
たぶんね、人間はみんな一つだと思うんだ。本当は。
サポートし合ってるって云う表現がいいかもしれないね。

ああ、深すぎる。死んでから考えよう。
2010.12.14 00:21  URL aaconee #- [EDIT]
初コメントありがとうございます。

ちょくちょく拝見させていただいてました。
同世代でいらっしゃるなぁ~。かっこいいなぁ~
大人の女性だなぁ~、眩しいなぁ~と思ってましたよ。

年のせいか、人との壁が薄くなって、知らない人とも
平気で話せるようになってきました。
どんな人も共感できる何かを持ってて、旅立ったおじさんも
あまり接点のない方でしたが、他人が亡くなるという感じじゃなくて・・。
不思議です。この感じ。あちらが近くなったのかな。

そうですよね。なんでもそうかもしれませんが、
意味を知っていたら、それなりに気持ちがこもるものです。
私は、色々知りたいですね。

自分の法要?!
やっぱり、にぎやかにって思いますよね。
だから、法要は楽しむべきだと思います。
2010.12.14 00:43  URL aaconee #- [EDIT]
oogieさん、上手くまとめたね~。
本当ですよ。皆さんの応援がエネルギーになってるよね。
なんか皆優しいコメントだよね。素敵だなぁ~

法事、煩わしい~とか思わないで、色々聞くと面白いよ。
お坊さんが色々教えてくださってありがたかったです。
そういう事を教えたいという意欲のある方だったから、
「バンバンバンと指パッチンはどういう意味なんですか」
なんて質問も答えてくださいました。記事にしたかったけど
上手く説明できなくて。
知ることはいいよね。こころが膨らむ感じがする。

茶化して!茶化して!!
oogieさん、それが売りじゃん。(勝手に決める)
2010.12.14 01:01  URL aaconee #- [EDIT]

Comment form

  • URL
  • Comment
  • Password
  • 公開設定
  •  管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:http://greengreen77.blog70.fc2.com/tb.php/320-22804b15

△ Move to top of this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。