プロフィール

リスト

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庚申講です。

  • Post on 2011.04.17 17:54
  • Categry : 未分類
  • Trackback(0)
  • Comment(18)
庚申講 の集りで、出かけて来ましたよ。


今日は雲ひとつない晴天

こんな日は、一気に桜も進むだろう。。。。

お花見気分で楽しい宴になるに違いない。。。。


桜の名所 高遠 に向かう長蛇の車の列・・・

それを反対車線に眺めながら、私達のバスは西へと向かう。



会場間近、、、、

おぉ、さ、桜が咲いて・・・・

P1010066.jpg
いない!! ウ、ウソだ!!

いや、いや、目を凝らして見ると・・・
P1010067.jpg
やはり、ないっ!

どんだけ寒いんだ、西の山ぁ~~~。

・・・・・・・・・・・・


メンバーは、常会内の5軒。

庚申様の掛け軸が毎月回ってきて、

御線香を立ててお参りし、次のお家へ回す。


年一回の宴席に、先代から引き継いで出席してるが、

私達には、何のことやらさっぱりわからない。


聞けば、昔、昔、、、

この辺の気の合った衆が、月々わずかなお金を出し合って積み立て、

仲間内の誰かが困った時に、用立てていたようだ。

そんな「~講」と名のつく グループ が、この辺にはあちこちにある。

当時は、そんな交流が流行ってたんだね。



このメンバーでは私が一番の若手。

「若い人は・・・」と、何度か言われて、

ちょっといい気分になったりする。  単純です・・・(-_-;)


だが


隣室から聞こえる、カラオケが古い歌ばかりだから、

若いところで、一発、何かかまして来い・・・

と言われて、さすがに辟易した。




「松の根から油を採ったのよ」


メンバーは、戦中派が半分。

震災 の話しは、知らないうちに 戦時中 の話しに変わる。


ガソリン不足の話題は、学徒動員で松の根の油を採取した話しになり、

被災地の食糧不足は、ヤミ米の話しになる。

復興の話しは、戦後の自分達の苦労した道筋とオーバーラップしたが、

原発 の話しだけは、異物の様に、なじめないまま浮上した。


「足る以上を求めなければ、なんとかなる・・・」


戦時中、なんとか生き延びてきた彼らは逞しい。

今の時代を築いてきた自負もある。


なんだか、やたらに嬉しくなって、

諸先輩のグラスに、何度もビールをついで回ったaacoでした。

P1010063.jpg
お土産売り場に並ぶ名物。でた~~!ゲテモノ食いの里名物缶!!





スポンサーサイト

< Prev | ホーム |  Next >

Comment

ビールを注ぎたくなっちゃう先輩が周りにたくさん居るって
すごいことですよね…。ありがたいですよね。

“若い”aacoさんも、そのたくましさと柔らかさを
もっと若い人達に引き継いで行くんだろうなぁって想像して
なんか頬が緩みます…。

日本の心意気、繋いで下さい!

イナゴの佃煮、子供の頃は大好きだったのに、
あるときふと、「これは、虫だ!」ってことに気付いてしまって以来
食べられなくなりました。幸せなんだか不幸なんだか…?

2011.04.18 01:01  URL そらまめ #mtZVGoSA [EDIT]
何と読むのでしょうか??

北海道では歴史が浅いため

そういうのがないんです~~

沖縄ではあり 弟も入ってるって言ってたなぁ

戦争も人災ですよね。

大義名分も原発と被ります。

その時代に生きた方のエネルギーは

本当にすごいですよね

だからこそ 今ビルが立ち並び

何不自由なく生活できる。

自分たちも今見習って 生きなければ

ならない時に来てますもんね

踏ん張らなくっちゃ!!

元気を 素敵なお話感謝です!!

うぉおおお 初めて見ました!!この素敵な佃煮の

数々

決して自分では買って食べようと思えないのは

なぜかしら~~~

死ぬまでに 一度だけ口にしようと思っている

代物たちです❤

2011.04.18 09:20  URL よっちママ #- [EDIT]
お疲れ様でした。
私も、私が一番の若手になってしまう会に所属しております。
この日の流れも雰囲気も、よく理解できます。

でも、いつかは古株になっちゃう日がくるんですよね!
ゾッ!とします。
2011.04.18 09:21  URL おいやん #- [EDIT]
お花 まだ 蕾で 残念でしたね
でも 会話には 沢山 花が咲いたよーで^^

年上の人の話を聞くのも ためになったり 面白かったり
たまには いいものですよね^^

もっと 時がたてば aaconeeさんが
お酌をしてもらうよーになるのかなぁ?^^
2011.04.18 11:16  URL kotone #- [EDIT]
ああ、わかる!そうなんだよね。
「虫」って、意識したとたん駄目になるのね。
この辺は、私が高校生のころ、お弁当でしたけど、
虫の佃煮シリーズを持ってきてる人いました。
イナゴは結構おいしいですよね。
亡父が「足が喉にひっかかっちゃった~」と言って食べてて
ぞっとしたことを思い出しました。

地域の顔なじみの方達って、いごこちが良くてすきです。
被災地の方も、地域ごとの移住を望まれるのがわかるような
気がしますね。
本当だ!色々な興味深い話、伝えていくのも大事なことですよね。
こういう機会でもないと、ゆっくり話せませんね。
2011.04.18 12:24  URL aaconee #- [EDIT]
「こうしんこう」と読みます。
干支みたいです。ちょっと調べてみたら、江戸時代に
民間信仰で流行ったみたいですね。
信仰でまとまりながら、助け合ってたんですね。
形だけ残っていて、良く分からず宴席に参加してるという
パターン、ありますねぇ~。
沖縄なんか、ユタ?とか普通に民間医療に貢献してたりして、
不思議で面白い。

正当化する理屈って、いくらでもありますよね。
戦争だって、聖戦で、宗教の国は人の命も犠牲にしますもん。
神様はそんなことお望みではないでしょうに。

> だからこそ 今ビルが立ち並び
> 何不自由なく生活できる。
そうですよね。この人たち、凄いって思う。
この上で、私達平和にくらしてきたと思います。

> 踏ん張らなくっちゃ!!
よっちママさん、すでにやってらっしゃる!
も~元気いただきまくりですから。

死ぬまで、なんておっしゃらずにぃ~。
一度だけなんておっしゃらずにぃ~。
りらっくまちゃんのお目目に、ハチのこを!
眉毛にざざむしを!お耳に繭の佃煮を!
2011.04.18 12:47  URL aaconee #- [EDIT]
え~そうなんですか~。万年アラサ~というの駄目?!
こういう先輩と話してるのが好きと言うのがすでに
私自身、そういう体質かもしれませんね~。

こいのぼり見事でした。白いガンバレ旗もね!
2011.04.18 12:51  URL aaconee #- [EDIT]
> お花 まだ 蕾で 残念でしたね
> でも 会話には 沢山 花が咲いたよーで^^
上手いっ!ざぶ一枚!

> 年上の人の話を聞くのも ためになったり 面白かったり
そうですよね。こんな風にゆっくり話す機会ないですもん。

> もっと 時がたてば aaconeeさんが
> お酌をしてもらうよーになるのかなぁ?^^
そ~か~。私、下戸なんで、マッサージしてもらおうかな。
宴席で?そうよ。「ちょっとここ」って、
かわいい若い子にやってもらうの。そのときは震災の話なんかするのかなぁ~。
計画停電の話とかしたりしてね。
その時、「今はいいよね~」って言ってればいいね。
2011.04.18 12:57  URL aaconee #- [EDIT]
うわぁ~!!
凄い珍品の数々!!

蚕のさなぎなんて、そのまんまのネーミングがまたすごいですね!!

あっ!
食べてみたいとか全然思ってませんので、どうかお気づかいなく!!^^
2011.04.18 15:57  URL 銀蔵 #- [EDIT]
こんにちは。
個人的には自分より年上のグループって好きですよ。
私の入会しているボランティアグループ「でんでんむし」も
ヨットクラブ「ミスフィット」もメンバーの全てが私より年上です。
社会人としては会社で先頭切って陣頭指揮をしているだけに
ほっとする時間でした。
aaconeeさんもそうなんじゃないですか。
2011.04.18 17:08  URL あかちん #- [EDIT]
遠慮なんて銀ちゃんらしくもないぃ~~~。
蚕のさなぎなんて、素敵に美味しそうですよね~
栄養満点!サバイバルなあなたのお酒のともに・・・。
え?ざざむしがやっぱりいいって?
う~ん、通ですなぁ~。
2011.04.18 17:46  URL aaconee #- [EDIT]
ヨットクラブもはいっておられるの?多趣味ですね~~。
ホントにそうですよね。私も年上の方達といると、
なんだか、安らぎますね。
私は陣頭指揮してないけど、甘えられるって言うか、
居心地がいいです。知らぬ間に気を張ってるんですかね。
あかちんさんもそうなんだね。
2011.04.18 17:50  URL aaconee #- [EDIT]
aacoさんへ。
こんばんは。貴です。読めませんでしたよ。!?(・_・;? 私、以前のブログにも書いているのですが、ナース時代に特攻隊の方とお話をした事があります。一言では申し上げられませんが。。。いつか、このお話をaacoさんとしたいと思いました。私も虫は食べれませーん。!?(・_・;?
2011.04.19 01:46  URL SELFISH OF MY DOLL'S HOUSES #- [EDIT]
「こうしんこう」と読みます。そういえば、私も最初は読めなかったんだ。
庚申様という民間信仰の神様がいるようで、掛け軸にその方の絵があるんですが、
古くて、顔の紙がむけていて、目だけ残っていて、映画の「エレファントマンじゃん」
と思った私です。江戸時代にそんなことするのが流行ったようですよ。

特攻隊の方とお話されたんだ。それは、いいチャンスでしたね。
かなり、凄いお話が聞けたんでしょう。命を懸けてお国のためにいくわけですから。
いつか、その壮絶なお話をうかがわせてください。

虫!私も地元ですが、あまり食べません。
蜂の子、イナゴはなんとか。
でも、結構味がいいので、貴さん、病み付きになるかもですよ!
2011.04.19 09:11  URL aaconee #- [EDIT]
庚申講ですか~。
昔は保険会社とかは無かったですので、
宗教という意味合いもありますが、
地域の互助団体としての役割もあるんでしょうね。


>「若い人は・・・」と、何度か言われて、
>ちょっといい気分になったりする。

さすがはaaconeeさん、性根が座ってますね。
自分も経営者の集まりとかに参加すると、
最年少ですが、緊張で胃が痛くなりそうデス。

戦中派の方々は本当に元気で強い!
文字通り、死線を越えてきた人たちですからね。
自分があの年齢にあれだけ元気でいる自信がない…
2011.04.19 18:22  URL hana #- [EDIT]
そうか~互助団体と言う言葉があったか。。。
さすがhanaさんです。田舎は、こういうものが残っていて思い白いね。
何だろうと改めて調べてみると教科書で習わない、
思わぬ歴史に出会って新鮮です。
歴史好きが集まった趣味の会もあるよ。この地域の歴史を調べて紙芝居
にして発表したりしてるの。私、子供の声役に頼まれて公民館でやった。
スタジオ(小学校)で収録もして面白かったよ。

> さすがはaaconeeさん、性根が座ってますね。
いつも行事や、会合で顔を合わす、ご近所さんで、気心知れた顔なじみだもの、
私のボケキャラも、すっかり御存知だし・・・

> 自分も経営者の集まりとかに参加すると、
> 最年少ですが、緊張で胃が痛くなりそうデス。
hanaさん、偉いね~。緊張感もって接してる人って
今時の若いもんにいるの?そういう緊張感が、いいんだろうね。
締まるとこ締まって。

> 自分があの年齢にあれだけ元気でいる自信がない…
どうもこの世代の方のお話し多くて・・・
凄いわ~ほんとに。生命力あるわ~。
私、別な意味で元気でいられそうな自信ある。。。。
2011.04.19 19:12  URL aaconee #- [EDIT]
こんばんは。

相変わらず、好奇心いっぱいのaoでございます。
「庚申講」の意味が、まったく解らなかったので、調べてみました。

身体の中で悪さをしている蟲どもが、庚申の日の夜には身体を出て
天に昇り、その宿主の悪い行いを天帝に告げ口しに行くのである。
この日に報告を聞いた天帝は、その軽重に応じて、
宿主の寿命を減らしてしまうのだ。
ならば、庚申の日の夜は一晩中起きていて、蟲どもが
身体から出て行かないよう見張っていればいいではないか。
ということで始まったのが庚申講である。

だって~、知らなかったよ~!
同じ日本の中でも、そこここの土地によって色々な習慣があるんだね。
こういう知らないことを教えてもらうと、嬉しくなるよ。
なんだか、すっごく賢くなったような気がする♪

戦時中の話、懐かしいな。
あッ、違う違う、私がその時代を経験したわけじゃないよ!!!
同居していたおばあちゃんがよく当時の話をしていたからさ。
おばあちゃんを思い出すよ。
芋粥の話とか、防空壕に逃げ込んだ話とか、着物とお米を交換して
もらった話とか、何回も何回も聞いた。
あの頃は「また同じ話~」と思っていたけど、今になってみると
懐かしいもんだなぁ。

庚申講とゲテモノ。
出た~、さざむし、いなご、蚕さなぎ、まゆこ・・・!!
さざむしだけが、なぜ異常にお高いんだ!
いや、安くても買わないけど(>_<)
ミニ缶があるってことは、普通缶とか、ビッグ缶とかありなの?
こわ過ぎる~!(笑)

2011.04.19 22:55  URL aoakaki #WO.8kER. [EDIT]
> こんばんは。
>
> 相変わらず、好奇心いっぱいのaoでございます。
> 「庚申講」の意味が、まったく解らなかったので、調べてみました。
>
> 身体の中で悪さをしている蟲どもが、庚申の日の夜には身体を出て
> 天に昇り、その宿主の悪い行いを天帝に告げ口しに行くのである。
> この日に報告を聞いた天帝は、その軽重に応じて、
> 宿主の寿命を減らしてしまうのだ。
> ならば、庚申の日の夜は一晩中起きていて、蟲どもが
> 身体から出て行かないよう見張っていればいいではないか。
> ということで始まったのが庚申講である。
>
> だって~、知らなかったよ~!
> 同じ日本の中でも、そこここの土地によって色々な習慣があるんだね。
> こういう知らないことを教えてもらうと、嬉しくなるよ。
> なんだか、すっごく賢くなったような気がする♪
>
> 戦時中の話、懐かしいな。
> あッ、違う違う、私がその時代を経験したわけじゃないよ!!!
> 同居していたおばあちゃんがよく当時の話をしていたからさ。
> おばあちゃんを思い出すよ。
> 芋粥の話とか、防空壕に逃げ込んだ話とか、着物とお米を交換して
> もらった話とか、何回も何回も聞いた。
> あの頃は「また同じ話~」と思っていたけど、今になってみると
> 懐かしいもんだなぁ。
>
> 庚申講とゲテモノ。
> 出た~、さざむし、いなご、蚕さなぎ、まゆこ・・・!!
> さざむしだけが、なぜ異常にお高いんだ!
> いや、安くても買わないけど(>_<)
> ミニ缶があるってことは、普通缶とか、ビッグ缶とかありなの?
> こわ過ぎる~!(笑)
はははは・・・
ないよ。このサイズだけだとおもうよ。ビックいらんし・・・。
怖いし。義妹が田舎の御土産に持参して、引かれまくったらしい。

aoさんのおばあちゃん、いつも出てくるけど、いいね~。
aoさんの「よさ」の背景に、おばあちゃんがいるよね。
上手く言えなくて、ごめん。戦時中の話しって、いいよね。
何かを考えさせてくれる。そう、その時感じなくても、
後でね、思い出すのね。いいよね。そう言うのって。
おばあちゃんに感謝だね。

庚申講調べたんだね。
そうでしょう。私もそれ読んだよ。だからね、御線香は夜中ずっと
絶やしちゃいけないんだって。面白いね。
田舎はさ、そういうわからんちんの事が、結構残ってて
調べるとおもしろいよね。aoっち、楽しすぎだよ。
2011.04.20 00:49  URL aaconee #- [EDIT]

Comment form

  • URL
  • Comment
  • Password
  • 公開設定
  •  管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:http://greengreen77.blog70.fc2.com/tb.php/428-ee150bbd

△ Move to top of this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。