プロフィール

リスト

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の目つき

  • Post on 2010.05.23 07:00
  • Categry : 未分類
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
「犬は嫌な目つきはしない。」


ぞうさんの歌詞で有名な詩人のまどみちおさんの詩集にあったように記憶している。

この文章にであってから犬に会うたび

「確かに素直な目つきだ、うん、よし」

と納得している。実は馬だって、きりんだっていやな目つきはしてない。

ニュースの口蹄疫の牛だって素直な可愛い目をしていて、哀れな気がした。

猫はちょっと面倒くさそうな目つきをしてそうだけど、

嫌な目つきというほどじゃないな。


野生の猫は鋭い目つきをしているね。顔も家猫に比べると小さくて、丸くない。

目も黒目が小さくて可愛げがない。

人間に飼われていると、人間に好かれるような顔立ちに変化するのだろうか。

そんな愛くるしい家猫の器量は、野生の猫の中では、評価されるのかな。

飼い主がある日急にいなくなって、野生化して、町の野良猫どもに

「お、別品じゃん」と、振りかえられたりして・・・・漫画の見すぎか!

人間の感性と、猫の感性は違うんだろうな。

だいたい容姿なんかに関心あるのかな。


野生の犬の目つきはどうだろう。

やっぱり鋭いんだろうな。人間とのかかわりがないと、生命の維持のために

本来の獣に戻っているんだろうな。それが自然の姿なんだろうか。

野性が本来の姿だとしたら、人間とのかかわりの中で生まれてくる、

愛らしい容姿は明らかに人間に好かれて、餌をもらうための手段という事になる。

赤ちゃんが皆に愛されて育つために可愛らしくいるように。

少なくとも飼い犬は嫌な目つきはできないよな。


嫌な目つきで書いてるゾ、きっと私。

スポンサーサイト

< Prev | ホーム |  Next >

Comment

Comment form

  • URL
  • Comment
  • Password
  • 公開設定
  •  管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:http://greengreen77.blog70.fc2.com/tb.php/84-1f342ceb

△ Move to top of this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。