プロフィール

リスト

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おばあちゃんの諺

  • Post on 2010.06.02 07:00
  • Categry : 未分類
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
毎度、毎度忙しい朝です。

今日も昆布と鰹節で出汁をとりまして、お味噌汁作り開始です。


「千本の薪より、いっときの蓋」

私が小さい頃、おばあちゃんが、よく諺を教えてくれました。

薪をたくさんくべるより、蓋をすれば早く煮えるという教えです。

今時ならエコと言うんだろうな。

お味噌汁を作るたび、これを思い出します。 蓋をしてと。。。


私の記憶の中のおばあちゃんは、白髪を小さいお団子に丸めた、

着物姿の小柄な人です。たいがい白いかっぽう着をつけていて、

絵に描いたような、いわゆる「Theおばあちゃん」という感じ。


東京に娘がいたので、おばあちゃんは、電車に乗って一人でよく出かけていました。

あの当時は、東京へ一人で出かけるご老人はほとんどいなかったと思います。

「おばあちゃん、すごいね~」子どもの私は、本当に尊敬していたのです。

「目と、口が有れば、どこでも行けるもんだよ」と笑っていたのを思い出します。

結構、度胸もあったんだろうな。


「船頭多くして、船、山に登る。」

おばあちゃんのお手伝いで、フライの衣をつけている時に教わりました。

ああでもない、こうでもないと、大騒ぎしながら姉と一緒にお手伝いしていて、

ちっとも夕飯の準備ができなかったので、これを言われたように記憶しています。

指図する人が多いと、ちっとも統制がとれず、思わぬ方向へ進行する

という意味ですよね。


おばあちゃんはとっくに亡くなっていますけど、

こんな風に、諺に乗ってひょっこり顔を出してくれます。


いい乗り物めっけたね。おばあちゃん!!
スポンサーサイト

< Prev | ホーム |  Next >

Comment

Comment form

  • URL
  • Comment
  • Password
  • 公開設定
  •  管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:http://greengreen77.blog70.fc2.com/tb.php/95-29f0068a

△ Move to top of this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。